虜になる鉄道模型

大人も子供も夢中になる鉄道模型とジオラマ制作

Nゲージに塗装やカスタムをするポイント

塗装するポイント

Nゲージは、本物の鉄道車両と同じように再現されているのが特徴の鉄道模型になります。Nゲージは実際の車両の1/144の大きさですが、うまく撮影すれば本物と見間違えるぐらいの細かい作りが特徴です。

ただ、実際の車両と違う部分もいくつかあります。
そのひとつは車両があまりにもきれいすぎることです。実際の車両の多くは、長年外を走っていますので少なくともほこりや泥あるいは油で汚れているものです。

Nゲージの場合には、新品の状態の車両をイメージして発売しているため、いまひとつリアリティーがないと感じられる場合には塗装をするのがよいです。

塗装するポイント

最近は、塗装のキットも販売されており手軽に汚すことができるようになっています。Nゲージで汚れを表現する場合には、黒と茶、グレーの3色があればたいていの汚れを表現することができます。

塗装以外にも、カスタムをすることでリアルな車両にすることが可能になるでしょう。自作する場合、各社から細かいパーツなどが販売されているため便利です。細かいパーツを取り付ける場合、専用の道具も同時に購入しなければなりません。数ミリ単位で穴をあける道具やニッパーなども一通りそろえておく必要があるでしょう!
人によっては、宝石の鑑定士が使うようなルーペを利用している人もいます。